歎異抄









































































































































































































































































































































































 
 
 



 
 







































































































































































































































































































退












































































































                   




















歎異抄の表紙へ
第一章
弥陀の誓願不思議にたすけられまいらせて
第二章
おのおの十余か国のさかいをこえて
第三章
善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや
第四章
慈悲に聖道・浄土のかわりめあり
第五章
親鸞は父母の孝養のためとて
第六章
専修念仏のともがらの
第七章
念仏者は、無碍の一道なり
第八章
念仏は行者のために、非行非善なり
第九章
念仏もうしそうらえども
第十章
念仏には無義をもって義とす
第十一章
一文不通のともがらの念仏もうすにおうて
第十二章
経釈をよみ学せざるともがら、往生不定のよしのこと
第十三章
弥陀の本願不思議におわしませばとて
第十四章
一念に八十億劫の重罪を滅すと信ずべしということ
第十五章
煩悩具足の身をもって、すでにさとりをひらくということ
第十六章
信心の行者、自然に、はらをもたて
第十七章
辺地の往生をとぐるひと
第十八章
仏法のかたに、施入物の多少にしたがいて、大小仏になるべしということ