随筆かも知れない

救い

11月10日

「善」とは何か、また「悪」とは何か。そして、「憐愍善悪凡夫人」とはどういう意味なのか。

阿弥陀さまはご本願の仏であり、我々にはお念仏となって下さる。「私」がお念仏させていただくその時、「私」はただ南無するのであり、実は「私」でなく「機」である。

「救い」はご本願にある。「機」でなく「私」である私が「救い」を詮議して、お念仏させていただくのでなく教義を解釈する私がご信心いただけないまま迷う。

「教義(の解釈)」は人を救わない。お念仏に生きられない(つまり生かされない)から理知で解釈した教義を「武器」にして、言うところの「現実」の一つひとつに対応する。しかし「私」の理知はすべての「現実」に応え得るのか、また「現実」と言っているものはどれほどに現実なのか。

あるいは理知を尽くした果てに「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろずのこと、みなもって、そらごとたわごと、まことあることなき」ことを身をもって知り、「義なきを義と」する本願他力に値遇するのであろうか。有り難くもお念仏にお出逢いしながらだから、嘆きは深い。


およそ宗教と名の付くものはすべて「救い」を説きますが、「私」というものを一切まじえない「本願念仏」にのみ「真実の救い」があるのでしょう。つまりあらゆる「執着」を離れるということがありうるのは「お念仏」によってだけであるのだと思うのです。

最新の掲載へ  101回からの掲載へ

以前の掲載一覧
100 自燈明
99 (無題)
98 (無題)
97 不信にあらずや
96 大地
95 教訓
94 名宛人不明
93 具体
92 益・無益
91 大自覚
90 出来た人
89 お講の風景
88 いわずもがな
87 放言-3
86 放言-2
85 放言
84 宿業
83 不可思議
82 不思議
81 自我と我執
80 慚愧
79 報謝
78 感想文
77 余計なお世話
76 ある確認-3
75 ある確認-2
74 ある確認-1
73 (無題)
72 今にある歴史
71 とわれるもの(2)
70 問われるもの
69 証道の歴史
68 そのうえの念仏
67 中中おろかなり
66 大悲無蓋
65 無生の生、往生
64 「おめでとう」
63 称名
62 救い
61 いのちである言葉
60 信楽受持甚以難
59 家族の真宗
58 詮ずるに愚痴
57 無碍光如来
56 光明無量
55 非行非善
54 仏法聞き難し
53 (無題)
52 さるべき縁
51 いそぎ仏になりて
50 遺伝
49 無生
48 構造
47 迷い
46 (転載)
45 奇妙な反省文
44 現在
43 念仏、お念仏
42 (無題)
41 お聞かせ
40 謝すべし
39 相続
38 自縄
37 我が身
36 立所
35 心の向かうところ
34 不可説
33 個性
32 癒し
31 (無題)
30 ただ称える
29 輝く
28 有量
27 光と闇
26 深い闇
25 ただ一つ
24 離れる
23 意味の奥底
22 梅の花が
21 念ずる方向
20 穴の中
19 罰があたった
18 掌を合わす
17 悪人たる所以
16 極点に立つべし
15 大海
14 奇妙な酔っぱらい
13 ばあちゃんの避難訓練
12 無智
11 芸術の秋
10 仮想現実
日本教
ベクトルでもない
転んだら立ち上がれば...
京都の五山の送り火は
今回は関西弁で


「じねん」と読むらしいです
HEAVYってどういうこと?

かも知れない検索
(別窓で開きます)