随筆かも知れない

益・無益

平成13年8月2日

「廻心はただ一度あるべし。一念帰命はただ一度である」(『真宗の眼目』第3講)。だから、「そのうへの称名念仏は如来わが往生をさだめたまいし御恩報盡の念仏」である。もっとも、「だから」というのは順序が逆で、私たちがいわば逆順に確認をさせていただくときに「だから」と言うことになる。

簡単に言えば、仏と言えば何かしら私たちがそれに願いをかけて、祈るものだと思っていたらそうではなかった。私たちが願うのでない、私たちが十劫の昔から願われていた。そうと分からせていただいたときに心の転回がある。

一度心が転回をしたものならば、「天におどり地におどるほどによろこぶ」心のままであればよさそうなものなのに、そうはいかない。そうはいかないところを指してかどうか、念仏の人を「春の田の蛙の昼夜になくがごとし、ついに益なし」と言った人もいるようで、益・無益という限りではそれも大いに言い得ることではある。

ご開山は「他力の悲願は、かくのごときのわれらがためなりけりとしられて、いよいよたのもしくおぼゆるなり」と、すでに益・無益の実際のところを伝えていて下さるのだ、「いそぎまいりたきこころなきものを、ことにあわれみたまうなり」と。やれ現益だ当益だと言っている(もちろん教学では大切なことですよ?)のであれば、あるいは「くちにただ称名ばかりを」となえるのであれば「ついに益なし」ともなるのだろう。

益があるからお念仏申させていただくのでなく、無益だと言われればお念仏申さなくなるのではない。一念帰命の廻心にすでに救われてあるわたしを知らされ、よろこぶべきことをよろこばぬ私の煩悩具足の凡夫たる更に深い自覚に救われない私を知らされ、救われない私であることを「かねてしろしめし」て、その私をこそ「ことにあわれみたまう」如来の大慈大悲に、名号となってあらわれて下さった阿弥陀さまに、ただもう南無阿弥陀仏と感謝するしかないのだ。

益があるという人は益をいただける私ではないと知るべきで、益がないという人は、言うところの益が人間の分別が想定した益だと知るべきなのだろう。益も無益もないのが益だというのが、私たちの限りではもっとも適切な言い方なのかも知れない。


あえて付け加えれば、宿業の自覚が宿縁であって、宿縁によって一念帰命の廻心がある。そうしてそのうえの御恩報盡の念仏に、平生業成があり、現生不退もあるということになるのだろう。
「衆生、仏願の生起・本末を聞きて疑心あることなし。これを『聞』と曰うなり」。やれ現益だ当益だと言っているのは疑心あるに等しい。「くちにただ称名ばかりをとなへたらば」と蓮師が仰有るのは、いまだ廻心なく、法の深信がないから機の深信もない。機の深信がないから法の深信もない。そういうことになるだろう。

最新の掲載へ  101回からの掲載へ

以前の掲載一覧
100 自燈明
99 (無題)
98 (無題)
97 不信にあらずや
96 大地
95 教訓
94 名宛人不明
93 具体
92 益・無益
91 大自覚
90 出来た人
89 お講の風景
88 いわずもがな
87 放言-3
86 放言-2
85 放言
84 宿業
83 不可思議
82 不思議
81 自我と我執
80 慚愧
79 報謝
78 感想文
77 余計なお世話
76 ある確認-3
75 ある確認-2
74 ある確認-1
73 (無題)
72 今にある歴史
71 とわれるもの(2)
70 問われるもの
69 証道の歴史
68 そのうえの念仏
67 中中おろかなり
66 大悲無蓋
65 無生の生、往生
64 「おめでとう」
63 称名
62 救い
61 いのちである言葉
60 信楽受持甚以難
59 家族の真宗
58 詮ずるに愚痴
57 無碍光如来
56 光明無量
55 非行非善
54 仏法聞き難し
53 (無題)
52 さるべき縁
51 いそぎ仏になりて
50 遺伝
49 無生
48 構造
47 迷い
46 (転載)
45 奇妙な反省文
44 現在
43 念仏、お念仏
42 (無題)
41 お聞かせ
40 謝すべし
39 相続
38 自縄
37 我が身
36 立所
35 心の向かうところ
34 不可説
33 個性
32 癒し
31 (無題)
30 ただ称える
29 輝く
28 有量
27 光と闇
26 深い闇
25 ただ一つ
24 離れる
23 意味の奥底
22 梅の花が
21 念ずる方向
20 穴の中
19 罰があたった
18 掌を合わす
17 悪人たる所以
16 極点に立つべし
15 大海
14 奇妙な酔っぱらい
13 ばあちゃんの避難訓練
12 無智
11 芸術の秋
10 仮想現実
日本教
ベクトルでもない
転んだら立ち上がれば...
京都の五山の送り火は
今回は関西弁で


「じねん」と読むらしいです
HEAVYってどういうこと?

かも知れない検索
(別窓で開きます)