表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

まかせる

「まかせる」というのは難しい。

たとえば「大根買ってきて〜」と誰かに任せたとしたら、みずみずしくて美味しそうな大根を買ってきてくれても水気のなくなった萎びた大根を買ってきても、それをありがとうといただくのが「まかせる」ということ。

それを、萎びた大根を見ながらよりによってこんなものを買ってきてと文句を言って腹でも立てるのが私。

そもそも私は往々にして「まかせる」相手を間違えるし、「まかせる」ことがらを間違える。

なむあみだぶつとおまかせしたつもりが、おまかせできていない。

なむあみだぶつとお念仏もうしていて、それで毎日の生活のなかで何か自分に不都合な出来事でもあれば、「なんでやねん」と。

けれども、そういう私を私に見せて下さるのは、またなむあみだぶつの他にないのです。