表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

国土

「国土ということは全く自然無為の一如の体相であって、人間の創造ではなく、一切生命の根元母体として誠に大切なことである。」(曾我師、『行信之道』より抄出)

土ということ。ものではなく、こと。一切生命がそこに根源を持ち、そこから生まれ来たった。それは場所でないから「こと」である。

たとえば「浮き草にとっての土は水である」と言うとして、それは水が土であるというのでなく、いま浮き草といういのちの相を持つものの根源が水という土であるということである。

いのちの相が土をつくるのではない。

「阿弥陀仏の本願が人間的分別作為を超えて、純粋に自然法爾の所生なる道理が、浄土の体相というものである」(曾我師、『行信之道』より抄出)