表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

自分に迷惑をかけない

自分に迷惑をかけない。

迷惑をかけないという言い方をすると、「迷惑」が仏教語としての意味を失うのかも知れないが、やはり仏教の言葉としての迷惑を自分にかけないということ。

自分に迷惑をかけないということは、自分というものの本当の主体とでも言うべきものが明らかにならない限り、できない。お念仏の智慧に、自分に迷惑をかけずに歩ませていただく道がひらかれる。

自分の本当の主体が明らかになるのは、機が(機として)はたらく時であって、だからやはり他力のご廻向に因ってである。




世間では他人さまに迷惑をかけるなと言う。

けれども、世間では誰もが他人さまに迷惑をかけ、誰もが他人さまから迷惑をかけられて、しかもそれを許され、それを許して暮らしている。

世間では自分に責任を持てとも言うが、どうして自分に、つまりは本当の主体に迷惑をかけずして自分に責任が持てるというのだろうか。