表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

願生彼国

今回更新した「山のお寺の掲示板」に書いた

あみだぶつ
    なむ
なむ
 あみだぶつ

というのは、これは曾我量深師がおっしゃる「まるまっこい念仏」を何とか私なりに表現しようとしたのですが、なかなかどうもうまくは言えません。

記憶に間違いがなければ「阿弥陀さまが南無阿弥陀仏なされる」という言い方を私は何度も使っていまして、これもまた「まるまっこい念仏」を何とか言い表そうとしているわけですが、これもうまく言えているとはいえないですね。

私が如来と一体となるということはないけれども、如来はいつもいつもこの一人と一体となっていてくださる。

「機法一体」というと蓮如上人の「機法一体の南無阿弥陀仏」というお言葉が思い起こされるのですが、これは決して「法機一体」ではありません。

「まるまっこい念仏」と「機法一体の南無阿弥陀仏」とが同じことを言うのかどうかは、私などに分かろうはずもありませんが、分からないなりに敢えて言うなら、同じではない。「まるまっこい念仏」があって、機法一体の南無阿弥陀仏はそこから生まれる。そういうことではないかと思っています。

佛法のおたすけということは、たすけるところの法を成就されるのが、それが本願、その南無阿弥陀佛の法の力でたすかって行く。衆生は決して直接に佛さまがたすけるのでない。佛さまが一人一人をたすけなさるのでなくて、一切の者の進むべきところの法を成就して、そうしてあとはもうお前達がたすかろうとたすかるまいと、お前達の責任だ。たすかりたければこの法に頼(よ)れ、佛はただ見ていなさる。見ていなさるかいなさらんかそれは分らぬけれども兎に角仮に云えば法を成就して、さあ皆さんたすかりたければこの法に頼(よ)りなさい。私はもはや用事はない。この法門を残して置くからして、たすかりたければこの法に頼(よ)れ。是が佛法であります。(「『真宗の眼目』第二講 如来は衆生の救わるべき法を成就し給う如来は直接の救済主に非ず」より抜粋)

阿弥陀さまが南無阿弥陀仏なされるというのは「たすけるところの法を成就される」とおっしゃってあることを言ったつもりで、また、「機法一体の南無阿弥陀仏」とは、衆生が法の力でたすかって行くところの南無阿弥陀佛であろうかと思うのですが、だから「機法一体」であって、決して「法機一体」ではないのです。「一切の者の進むべきところの法を成就して、そうしてあとはもうお前達がたすかろうとたすかるまいと、お前達の責任だ。たすかりたければこの法に頼(よ)れ、佛はただ見ていなさる」のですから。

「機法一体の南無阿弥陀仏」にせよ、「まるまっこい念仏」にせよ、忘れてならないのは南無阿弥陀仏はおはたらきであるということ。「佛はただ見ていなさる」のかどうかは知るよしもないのですが、南無阿弥陀仏はおはたらきですから、南無阿弥陀仏に阿弥陀さまの至心廻向があります。

第十八願(因願)には「欲生我国」、それが成就の文には「願生彼国」とあります。その「願生彼国」のまえには「至心廻向」があります。