表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

人間

この21日に門徒さんが総出で境内の草刈りをして下さったのですが、次の日は雨で今日も雨。刈っただけで根は生きている草たち、この雨でまた育つことでしょう。

動物の呼吸は酸素を吸って二酸化炭素を吐き、植物の呼吸は二酸化炭素を吸って酸素を吐き出す。庭や田んぼの畦の草を私たちは邪魔者にするんだけれども、実は大変有り難いはたらきをしてくれている。

そんなふうなお話を昔、昔と言ってもそう遠くない昔にした覚えがあります。有り難いはたらきをしてくれている草を邪魔者にして刈り取るのが私たちで、刈られる草は文句を言わないのに刈る人の側はあぁ面倒だ、邪魔な草だと文句を言うのです。

どうも人間のどうしようもないところにばかり目がいくようですが、人間というのは本当にどうしようもないですね。何一つとして「正しい」ことなどできませんし、どこにも「真実」などというものはありません。