表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

易行・易往

「願力自然の故に易行であり、無為自然の故に易往である」と曾我先生はおっしゃっています。

この意味をふまえるなら、易行ということは仏教の核心であり、本流であるわけで、難行ということ、苦行などということは核心でもなく、何かしら横道にそれた傍流であるといえましょう。

また、易往ということも仏教の核心であり、本流であるわけで、願力自然の故に易行である称名念仏の行信道をあゆませていただくところに易往であるといえるのでしょう。

世にはびこるのはイミテーション、いわゆるバッタものでして、何故はびこるのかといえば、人がそれをもとめるからに違いないのです。