表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

山仕事

陽気にさそわれて山仕事をしていました。しなければならないことがほぼ手つかずの状態ですので、つい体力に似合わないところまで動いてしまい、気がつけば息が荒くなっています。

寒かったこの冬の間、ほとんど全く身体を動かさないでいたのですが、だからこれだけ鈍ってしまっているんだよと足も手も腰も悲鳴をあげます。

山仕事で使うのは体育館で身体を動かすときとは違う筋肉のようで、これだけ鈍ってしまっていたらバスケをする時にも感覚がくるうはずだと思うのですが、普通にシュートを放っても全く思いがけないところにボールが飛んでいくなどということはありません。

山仕事をして普段使わない筋肉を使っておくと、これはまともにバスケの感覚に影響します。不自然に力が入ったり抜けたりして、リング下のシュートが強かったり弱かったりで、とんでもないことになります。

特にアメリカなどでは身体の成長期には色々なスポーツをさせるようですが、あれは平均的に筋力をつけるという意味もあるんでしょうね。

すっかり疲れてしまって晩ご飯を用意する気になれませんので、コンビニでお弁当でも買ってくることにしましょうかね。