表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

自力・他力の別

全体、行信の大道に於ては、行に自力・他力の別はないのであり、自力・他力の別を生ずるのは信ずる機の純・不純によるとせらるるのであって、この道理の不明瞭の為に、念仏の上に自力と他力とがあるように思うのであります。念仏は固より如来の本願力回向の法でありまして、人間の信・不信を超えて真如一実の功徳宝海であります。自力・他力は信に在って行に在らざる所であります。自力念仏・他力念仏というは念仏の法そのものの区別でなく、之に於ける信の純・不純にあるのであります。私共はこの一事に深く明らかに反省すべきであります。
(中略)
信は行に批判さるべきであって行を批判すべきではありません。行は絶対にして何ものにも批判せられません。信は行に批判せられるによりて能く証を批判することを得るというのが、行信の大道であります。
(曾我先生「行信之道」より)

「行に自力・他力の別はないのであり、自力・他力の別を生ずるのは信ずる機の純・不純による」というのは、ただでも耳が痛いのになおさら痛い言葉です。信ずる機に純ということはなく、「信は行に批判せられる」ときには「信ずる機」は必ず不純である。

その不純なる「信ずる機」のことを抜きにして証に垂涎する頃にはもう不純にも慣れてしまって何が純で何が不純かも分からない。だからこそ平気で言えることをどれだけ言っていることでしょう。