表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

昭和64年

昭和は63年までということらしいですが、64年1月7日までありました。ちょうど昭和天皇と同じ日に、数時間早かったのだと覚えていますが、お浄土へ還られた方があって、枕勤めにお参りしました。

丸22年前のことですが、通夜勤行のあとお話ししたことも少しは覚えていますし、その他の細々としたことも覚えています。その当時はまだ町に葬祭のホールもありませんでしたので、ご自宅での葬儀でした。

その昭和64年1月7日にご主人を亡くされたばあちゃんが、村の中の女の人では最高齢だと思うのですが、お正月早々に転んで軽いけがをなさったもののお元気で、23回忌法要にもお参りしていてくださいました。

そのばあちゃんではないのですが、他寺のご門徒のある家のばあちゃんの葬儀がありました。で、村の中の女性では最高齢のそのばあちゃん、「私みたいなもんが残って私より若い人がまた先にいかはった」とおっしゃいます。

おおかた60年は聞法をなさって来られた方です。「ほんまに不思議やな。南無阿弥陀仏がありゃこそやな」とおっしゃいます。