表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

功徳と荘厳 (3)

私たちの側からいえば、そこに回心がある。ただの衆生であり、知恵や慈悲というようなものを求めて仏や菩薩に頼んでいたけれども、そうではなかったんだ、阿弥陀さまに願じられていたんだと気づかされるということがあるわけです。何一つとして仏となるについて助けとなるようなものはなくとも、何一つないそのままで、ただ南無阿弥陀仏とお念仏もうしてくれよと願われていたのであったと気づかされて、お念仏もうす衆生として南無阿弥陀仏という功徳の荘厳としての「いのち」をいただくのです。

先ほどは喩えとして二つの扇が向かい合っているような形の一方の扇形を南無阿弥陀仏という功徳だと言いましたが、この南無阿弥陀仏という功徳はそれこそが真如の世界から来たった如来であるとも言えます。二つの扇が向かい合っているような形の一方の扇形が如来であってもう一方の扇形は念仏の衆生であると喩えてみますと、この要の部分、ここに南無阿弥陀仏があるということになるかと思います。

如来と念仏の衆生との交際、ここにあるのが南無阿弥陀仏である。如来は至心に南無阿弥陀仏と回向して下さり、衆生はその清浄なるご信心をいただいてただ南無阿弥陀仏とお念仏もうすのです。如来とお念仏の衆生との交際にあるのが南無阿弥陀仏という本願念仏であるわけです。