表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

冷え込み

今朝の冷え込みは身体にこたえました。お勤めをしていて、気がついたら手をコートのポケットに突っ込んでいました。まぁ、頭には毛糸の帽子をかぶっているわけですから、手を気にしても何をか言わんなのですが。

思い切って大きな声を出せば身体が温まっていくらかは寒さに耐えやすくなるのは分かっているのですが、大きな声を出すことすら心臓にこたえますので、後のことを思うとやはりあまり大きな声は出せません。

境内の枯れ葉が気になっていても、まだまだ木についている葉っぱがたくさんあって、掃除をしてもひとしきり風が吹くとすぐに元の木阿弥になります。もう少し見なかったことにしておくことにして、木の葉っぱがほとんどなくなってから掃除をすることにします。

自然と人間というのは何か対立するものとしてとらえられがちだけれども、実は融合し、共存するものだというようなことがよく言われますが、対立も共存も人間の側が言うことで自然は何も言いません。

物言わぬ自然が、だからより雄弁に語っていることにこそ耳を傾けるべきなのでしょう。そこに人間の側の都合を付け加えることなくと、あえて言い添えなければならないのが苦しいところです。