表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

診療所

ビタミン剤の注射をしてもらおうと思って、ほぼ一ヶ月ぶりに診療所へ行ったのですが、先生が往診に出ておられて、お帰りになる時間が分からないと言われて、あきらめて帰ってきました。

目の疲れというのか、目を開けているだけで見えてくるものを見ることの辛さがビタミン剤の注射でかなり楽になるのですが、なかなか注射をしてもらいに行くこともできませんし、行ったとしても今日のようなこともあります。

町には大きな病院もあって、一応総合病院なのですが、受診したことはありません。受診している人から聞く色々な煩わしさ、何よりも待ち時間の長さを思うと行く気にはなれません。

他にもいわゆる町医者さんの病院はあるのですが、行ったこともないところにまでわざわざ行く気にはなれません。私が行く診療所は私の母親もお世話になっていたところで、母親がお世話になった先生は亡くなられて今はその息子さんが診療しておられるところです。

母親となくなられた老先生は個人的に知り合いでしたし、今の先生と私も個人的に知り合いです。一週間のうち3日間、しかも午後だけの診療ですので不便もあるのですが、やはり行くとなればその診療所しかないわけです。何かに似ているような気がします。