表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

ストーブ

急に寒くなって、何日目でしょう。いよいよストーブの出番かと思って思い出したのですが、昨期の使い終わりにはひどく調子が悪く、消化時の無臭性が特徴のはずが、燃焼中もひどい臭いがするようになっています。

何よりも室温の設定が最低の12度になったまま変えられません。それほど長く使っているストーブではないのですが、掃除はできても修理まではできないでしょうから、買い換えるしかないのだろうと思います。

・・・買い換えるしかないとしても、物置に眠っている古いストーブを試してみないうちは新しいのを買うなんてことはもったいないということで、引っ張り出して掃除して試してみました。

対流式・放射式というんでしたっけ、熱伝導の方法の違い。灯油代が安く済んで暖かくなればそれでいいんです。温度の設定なんてできませんが、充分に使えます。

考えてみればストーブを使うのは11月から3月くらいまででしょうか。ほぼ半年間ほど使うわけで、私のように部屋にいることが多い者は大いにお世話にならなければなりません。

灯油も入れて準備完了なのですが、使うのはまだ先の話です。部屋にストーブがあるだけで気持ちが暖まるから不思議です。