表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

報恩講一日目

報恩講一日目は何とか終わらせていただきまして、明日は二日目です。二日目と言っても、それで終わりなのですが。

昔、といってもどのくらい前までなのか記憶が定かでないのですが、寺格というものがあった頃には、その寺格に合わせて報恩講のお勤めも違いがあったようです。

うちのようなお寺の場合、なかなか「正式」なことはできません。右余間の卓は置いたままですし、左余間など金物を戦時供出した時にもらった陶器の燭台・花瓶です。

私の記憶にある限り、昔からうちのお寺の報恩講は二日間のお勤めです。明日もう一日身体が動くように、そろそろ寝ましょうかね。