表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

同行

弘経大士宗師等  拯済無辺極濁悪
道俗時衆共同心  唯可信斯高僧説

ここのところについて何か付け加えたいこともなく、だいたいのことは教学研究所編「正信念仏偈」をほぼそのまま書き写した今月一日付の「かも知れない随筆」をご覧いただけばいいかと思います。

あえて付け加えるならば、お釈迦さまの教説、その教えを弘められた大士・宗師だけが仏教の歴史にあるのではなく、それによってすくわれた圧倒的多数の普通の人々があって、その事実が仏教、すなわち真宗の歴史の実体であるということです。

道俗時衆共心  唯可信斯高僧説とある「同」ということは、如来回向のご信心であるから「同」ということがあり得るわけで、道も俗も非僧非俗もすべてがすでに「同行」であるのだと思います。