表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

記録として

今日のお講さんでは、曾我先生が『真宗の眼目』第1講のはじめのところでおっしゃっていることを、要点を羅列するように話そうと考えていたのですが、話が長くなって、話したいことすべては話せませんでした。

真宗といいましても真宗大谷派のことすらよくは知らないのですが、どうも浄土教のなかで”『大無量壽経』宗”というものが衰退して”『観無量壽経』宗”が隆盛を誇るのが昨今の特徴ではなかろうか、真宗でもその傾向が強く表れてきているのではなかろうかと思っています。

来年のご遠忌にむけて「宗祖親鸞聖人にたちかえる」というようなことが言われているように思いますが、具体的にどういうことなのかが鮮明にはなっていないように私には思えます。

何というか、感情に押されるようにもっともらしい、もっともらしいと言うと語弊があるのでしょうが、何かに対して迎合するかのような文言というのは、まさしく”『観無量壽経』宗”隆盛の証拠ではないかと考えています。

こういうことはお講さんで話したかったことには含まれないのですが、ここには記録として書いておこうと思います。

午前中は雨模様でしたが、お講さんの終わる頃には晴れ間も見えていました。傘を忘れて帰られた方が二人おられたようです。