表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

明日はお講さん

明日はお講さんです。3年と少し続いた「正信念仏偈」についての話がいよいよ終わります。

同じ人間が話をしているとどうしても同じ話が繰り返されるということもあり、真宗の一僧侶として「正信念仏偈」をこのようにいただいているという話は生涯に一度はしておくべきだとも思って始めたのでした。

うちの場合、お講さんは年に23回です。まる3年と少しですから、だいたい70回ほどということになりますが、今振り返ると、まだまだ話せていないこともあります。

仏法に関係することというのは、もともとが話し尽くせるという性質のものではありませんしね。

花は先代の年回法要の時のものを使ってたて直しましたし、本堂の縁側は昨日掃除しました。山道に落ちた枯れ葉の掃除は明日の朝です。

「正信念仏偈」の話の最後にはこういうことを話そうと前々から思っていることがあって、頭の中の準備はできています。さて問題は、お話の前の勤行ですね、正座ができるんでしょうか。