表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

道具

よほどの暇人でもなければウェブサイトを維持して更新も続けるということは難しいのでしょう。そもそもPCを常に最適というか快適な状態に保つことが手間暇のかかることです。

私などは趣味で使い始めて、ワープロ専用機がなくなる頃に仕事にも使うようになったというところですが、最近では仕事で使うことが増えてきています。

ウェブサイトを構築して、それを更新することは仕事ではありませんが、それをするのを仕事並に重要なことにすることによってPCを常に最適というか快適な状態に保つことができているという一面もあります。

そのおかげで本当の仕事に使うときに支障が出ないのなら、それこそ一挙両得と言えるのではないかと思ったりします。ここに駄文を書き続けることも無駄ではないわけです。

いつ頃からかは忘れましたが、ネット接続が当然になって、OSのパッチなどもネット経由でしか手に入りません。サイズの大きいものなどは数十メガもありますので、ブロードバンド接続でなければ話にならないような状態です。

と、雷がかなり近くで鳴り出しました。書きたいことが全部は書けませんが、とにかく、何らかの目的でPCという道具を使うなら、それなりの時間をかけることは必要だと思います。

忙しくて時間がないとおっしゃる方もたくさんいらっしゃるのでしょうが、PCの保守・点検は食事や睡眠と同じことだと考えないといけないのではないかと思うわけです。

ある方といろいろ話をしていて、そんな風なことを思ったのですが、やはり暇人の言い分に過ぎないのでしょうかね。車でも自転車でも、道具というのはしっかり整備すれば何十年でも使えるものです。