表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

経済ということ

昨日今日と風が少し強く、過ごしやすくはあるのですが、うちのような古い作りのお寺の本堂はやはり風に揺れるようで、今朝のお勤めの時にお内陣を見てみると所々に小さな土塊などが落ちています。

昨日はお内陣も乾拭きしたのですが、どうやら徒労だったようです。掃除したときにはきれいになったお内陣をみて一応は満足したのですから、徒労でもないのでしょうが、お参りの方がご覧になれば掃除したとは思われないでしょう。

もうすぐお盆に向けたお荘厳をしなければなりませんが、この時期は花が値上がりします。花をいただくことがない時期ですので買うのですが、あまり早く買いに行ってももちませんし、遅くなると高くつきます。

朝夕水を換えて氷を入れたり花の茎を洗ったりしてこまめに手入れをしても、この時期だと2週間くらいが限度でしょうか。そういうことを考え合わせると今週末くらいに花を買うのがいいかと思うのですが、すでに値上がりしているかもしれないです。

お参りしてくださる方が多い時期ですので、少しでもきれいにしておきたいし、少しでもりっぱな花をたてておきたいのですが、経済ということは何にでもつきまとうことです。

掃除なら身体の調子の許す限りすればいいのですが、花一輪500円などといわれると痛さの残る腰が引けてしまいます。