表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

メリット

去年の11月に14年半乗った車を廃車にして軽自動車に乗り換えました。廃車にした車は少し大きな車で、車体重量が1.5トンを超えていたと思います。

14年半の間、ほぼ毎日本堂の裏を通って庫裏の建物と物置の間にその車をとめていたのですが、1.5トンのものがほぼ毎日通っていたところを、軽自動車で週に3〜4回通るだけになると、地面の締まりが違ってくるようです。

車輪の通るところに草など生えなかったものが、今ではそういえばこれは車が通っていた跡だと分かる程度になってしまっています。草の繁殖力、恐るべき力ですね。

草にしてそうなのですから、竹や笹はどうでしょう。今に書院の横にある裏庭にタケノコが顔を出すようになるかもしれません。裏山はもうすでに竹が根を伸ばすところがないくらいになっているのですから、大いにあり得ることだと思います。

一人でしか乗らないいのですから大きな車は贅沢というか、無駄というか、必要だとはいえなかったのですが、思いもしないところにメリットがあったということです。

今さら地面を締めるためだけに大きな重量のある車に替えるなどということはできませんから、タケノコが「越境」しないように気をつけるほかにありません。