表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

せめて...

気温はそう高くはないのですが、蒸し暑い日です。それでもたくさんの農家の方が田んぼのまわりの畦の草刈りをしておられます。

眺めているだけなら何か楽しそうな作業のようにも思えるのですが、実際にやってみたら、特に夏場はかなりしんどい仕事です。

もう何年も前になるのですが、草刈り機を借りてきて草刈りをしたことがあります。慣れていないということもあったのでしょうが、作業能率はよいものの疲れました。

それにやはり慣れないということがあるのでしょうが、怖かったです。最近の草刈り機はかなり改善されたようですが、下手をすれば刈っている自分の足を刈るなどという恐ろしいことになりそうでした。

昨日も夕方に野菜を持ってきてくださる方があったのですが、はたけしごとも大変で、苦労して育てられた野菜ですからいただいたら無駄にすることはできません。

実はキュウリなど、いっぱい頂き物があるのですが、せっかく持ってきてくださったものをお断りするなどということはできませんので、お昼に短冊に切って少し塩をふってそのままいただきました。

キュウリでも採れたてのものだからでしょうか、そのままでもおいしいです。白いご飯とキュウリとゆで卵でお腹いっぱいになりました。

さすがに卵は買ってきたものですが、「供養」ということはこういうことなのかなと思ったりするのですが、さて、自分が供養していただくに値するかどうかということを思うと、穴がなかったら自分で掘ってでも入りたい気がします。

今日なども朝4時半頃に起きて午前10時過ぎまでは何とか家の中の仕事をしたものの、汗をかいて2〜3度服を着替えるともう動く気にもなれず、だらだらと過ごしてしまっています。

それで気がつけばもう5時前で、自己満足の更新のための更新をして、最近口癖になっているのですが、もう今日は終わりにさせてもらって、せめてお勤めだけでもしておきましょうと独り言を言っているところです。