表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

回帰

本師源空明仏教 憐愍善悪凡夫人
真宗教証興片州 選択本願弘悪世

教学研究所編「正信念仏偈」のこの部分に「要点」として書かれていることは以下の通りです。

(ここから)
法然上人の著された『選択集』の題下には、まず「南無阿弥陀仏」と仏の名をあげ、「往生之業念仏為本」(往生の業には念仏を本とす)と記されている。「往生の業」とは浄土に往生する行業であり、「念仏を本とす」とは仏の名を称する選択本願の念仏が、往生浄土の根本の道であるとあらわす。法然上人のあきらかにされた事業は、選択本願ということである。いいかえれば、「ただ念仏」ということであった。伝統の聖道門仏教において、念仏は仏道からはみでた代用品であり、智慧のいたらぬ者のために「念仏も必要」という位置にあった。その寓宗的な浄土教を、選択本願によって、「ただ念仏」のみと、画期的な意義を打ち出し、名実ともに浄土教の独立を宣言せられたのが、上人の偉大な事業である。
 選択本願とは、われわれ人間の問題がすでに南無阿弥陀仏として答えられている。もはやわれらの努力をまたないということ、南無阿弥陀仏にわれら救済の法が、われわれの求めるに先だって成就している。だからわれら人間の考えによる結論ではない。むしろわれわれが念仏のなかに結論せられたのである。法然上人によって、救いの法はすでにして与えられ、あらゆる人びとに公開されていることが明らかとなった。われわれに課せられた問題は、助かるということだけである。そこに、法然上人の示された「ただ念仏」に、いかにしてなりうるか、念仏しても一ころに助からないという問題を出発点として如来回向の真実心にまで徹底せられたのが、わが親鸞聖人である。
(ここまで)

以下は管理人の感想です。

自力の心は念仏を諸善の中に含めます。諸善のひとつである念仏は、言葉としては同じ南無阿弥陀仏なのでしょうが、「ただ念仏」と示された念仏とは相容れません。

少なくとも私のような凡夫にとっては本願念仏だけが浄土往生の道であるのですから、「ただ念仏」ということは、教科書的な仏教史からすれば自力諸善の聖道門からの浄土教の独立であるのでしょうけれども、実際には本来の仏教への回帰というべきではないかと思います。