表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

理解できない言葉

今日は部屋の温度が24度、寒いくらいです。雨が降っていて、風もあります。せっかく拭き掃除した本堂のぬれ縁に雨が差し込まなければいいのですが。

お講さんの準備で、花を持ってきて下さいました。暑い日ならまだたてないでおくのですが、何しろ寒く感じるくらいなので、たててしまいました。お講さんは明後日、さて、明日も涼しいんでしょうか。

雨が多い所為もあるんでしょうが、草が伸びるのが早いですね。境内を眺めていると、見なかったことにしようと思うところばかりです。

他所のお寺さんの境内をたまに見るのですが、きれいにしておかれます。なかなか真似はできません。うちのような山寺とは違うとはいえ、大変なご苦労をなさっているのでしょう。

私などはまず諦めてしまっています。諦めて、できる範囲のことだけを自分のペースでしましょう、できなければそれでもよいと。

さらにたちの悪いことに、それが普通なんじゃないかと思ってしまっています。頑張れませんし、頑張るという言葉も好きではありません。

頑張らなくていいんだとおっしゃる方もあって、もちろん時と場合を踏まえてのことなのでしょうが、頑張らなくてもよいと言われると、それもまた違うんじゃないかと思ってしまいます。

信じれば夢は叶うなどということをおっしゃる方もあって、これも時と場合を踏まえてそういうことをおっしゃるのでしょうが、私には理解できない言葉の一つですね。

さて、今日はもうお終いにして、夕方のお勤めをすることにします。理解できない言葉がお経にもたくさんあるのですが、お経の場合はそれが私にはありがたいのです。