表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

ワープロ

ワープロは一太郎を使っています。Micr○s○ftのw○rdになじめませんし、日本語入力もwindowsデフォールトのものでは不便を感じてしまいます。

私のまわりのほとんどの方は有名ブランドのパソコンを使っていて、いわゆるオフィス・アプリを含めて、プリインストールのアプリケーションがてんこ盛りで、わざわざお金を払ってワープロソフトを買おうという人はいないようです。

私の場合も「寺報」を発行しないのならワープロなどなくてもテキスト・エディタで十分なのですが、見栄えも気にせざるを得ない文書を作るとなると、やはりワープロは便利です。

一時期、文書をhtmlで作成してブラウザに表示させてそれを印刷したこともあって、それなりに見栄えもよい文書が作れたのですが、やはり手間がかかりますし、できないことも多々あります。

脆弱性が確認されたのがいつだったのかは忘れましたが、アップデイトモジュールが昨日リリースされました。最新版などはもっと早くにリリースされていたのですが、私が使っているのは2004年版で、これより古いバージョンのアップデイトモジュールはないようです。

古いバージョンに脆弱性がなかったのでしょうか、あるいは古いものはサポート対象外なのでしょうか、気になるところではありますが、自分が作った文書以外に一太郎文書を開かないので関係ないようにも思います。

そういえばwindows2000やXPのsp3のサポートにも期限があって、2000は今年の7月が最後だったような気がします。OSの場合、サポートに期限があるというのもすんなりと納得できる話ではないのですが、読んだことのない使用許諾書(?)にはいろんなことが書かれているんでしょうね。