表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

ヤブ蚊

久しぶりに山仕事を少ししたのですが、忘れてはならないことを忘れていましたので、大変な目に遭いました。これは被害というべきことではないかと思います。

この時期は少し動いただけで汗だくになりますので、薄着というか、半袖のシャツ一枚で首にはタオルという出で立ちで仕事をしたのですが、ヤブ蚊に刺されて上半身はかゆくないところがないような感じです。

顔も刺されますが、丸坊主にしている頭も刺されます。これはたまりません。けれど、いったん作業を始めてしまうと、怪我でもしない限り、きりが着くところまでは終わりたくはありません。

仕事をしている最中は痒くてもその痒さを忘れてしまうのですが、部屋に戻って汗を拭って一服しているともう痒くてかゆくてたまりません。虫さされに塗る軟膏はあるのですが、そんなものは気休めにもなりません。

刺されている場所を見てみると、多くは血管の通っているところです。蚊は汗の臭いや吐く息に集まるというようなことを聞きますが、血管の場所がどうしてわかるのでしょう。

本格的な夏になると部屋にも蚊が入ってきますので、蚊取り線香などを用意するのですが、たかがあれだけの煙に降参する蚊が、何とも獰猛な生き物に思えてなりません。