表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

なむと吸えば

昨日か一昨日か、お風呂上がりにシャツ一枚で長い時間風にあたっていたら、今日は何だか身体が重くて、軽い風邪の症状がでているみたいです。

何もしない一日でしたが、それでも一人前に疲れはあって、ボ〜っとしながら窓の外を眺めていると、昨日枯れ草を集めて燃やした川の土手にもう青々とした草が伸びてきているのが見えます。

川の土手の草が伸びないようでは、しっかりと耕した田圃に植えた稲は育たないんでしょうから、そう思えば草が伸びるのも結構なことです。稲だけ育って、草は育たないというのは道理にあわないことです。

なむと吸えば、あみだぶつとでて下さる。呼吸というのは動物も植物もいのちあるものすべてが本能としていただいている仏法なんだと、そんなふうなことが思うともなく思えてきます。

さて、まだまだ外では農家の方が仕事をなさってますが、そろそろ夕方のお勤めをして今日は早く終わせていただくことにしましょう。