表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

低反発マットレス

低反発マットレスというのを買いました。某新聞の折り込み広告にあった品で、ほぼ同じ品物が昨日の折り込み広告では1500円ほど安い値段で売っていて、もう少し待てばよかったのにと思っていたら、今日品物が届きました。

母親が使っていた椰子の実の繊維(?)が入ったマットを使っていたのですが、疲れが取れないのはそのマットの所為ではないか、少しは柔らかいマットを使えばぐっすり眠れて疲れも取れるかと思ったりしたわけです。今夜初めてその低反発マットレスで寝るわけですが、どうなんでしょうね。

2度3度と目が覚めて、5時になるのを待って布団からでる日が続いていて、一昨日などは寺報を早朝に配って、家に帰って時計を見たらまだ5時半でした。身体が疲れているのにぐっすりとは眠れないというのは辛いです。

朝のお勤めをすませてご飯をいただいて、後かたづけをしてもまだ6時過ぎだと、何かしないと時間が余りすぎます。朝から身体を動かすのが疲れが残る原因なのかも知れないですけど、何もしないでいるのも苦痛ですし、二度寝なんてのができるなら5時には起きませんからね。

亡くなる前の母親は水を飲みくだすこともできませんでした。喉のまわりの筋肉の力が弱っていたのでしょうが、何気なくしていることにも力が要るんだということがはっきりとわかりました。ですから、眠るにも身体の力が要るんでしょうね。

こんなふうなことは若いときには決してわからないし、我が身で体験するなんてことはまずないことなんでしょう。若いからわかることもあり、若くなくなったからわかることもあるわけですね。