表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

一応

風の強さに驚いたというようなことを書いたのは2日ほど前だったでしょうか、昨日境内を見て回って傷んだ所などがなくてホッとして、今朝から一応の掃除をしました。

一応ですから、まだまだ枯れ葉や笹っ葉が残っているところの方が多いくらいですが、お参りになる方に見苦しくない程度に掃除をして、さて、裏山へ行けていなかったからまたタケノコが伸びているだろうなと、行ってみたわけです。

この時期になってもまだ孟宗竹も生えてきますし、雑竹や真竹というのでしょうか、これからどんどん出てきます。食べるのに2本ほど採って、20本ほどは切って回りました。

一通り竹の見回りを終わって、さて採ってきたタケノコを料理しましょうということで、タケノコの皮を捨てている川のそばの竹藪のいっかくへ行ってみたら、何ともでかい木の枝が折れて、川のなかに落ちています。

タケノコのアク取りをしている間に、土手に行って枝を引っ張ってみたのですが、ビクとも動きません。来月早々には地区の方の総出で川浚えがありますので、それまでに何とかしなければならないのですが、まったくどうしたものか途方に暮れてしまいます。

お堂とかの建物に傷んだところがなくてホッとして、でもそれは木の枝が折れて川に落ちていることを知らないからホッとしていられたわけで、一応ということですね。それにしても、枝が落ちているところには電線も電話線もあり、いくらワイヤーが掛かっているとはいえ、無事だったのが不思議なくらいです。

明日からしばらく川に入ってのこぎりで運べる程度の大きさに木を切る作業です。