表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

風情

本堂の樋の付け替えも終わり、足場も撤去してくださいました。足場があるうちに、屋根の一部に草が生えていましたので、田圃に農薬を散布する要領で噴霧器で除草剤をまいてくださるように門徒の方にお願いしていたのですが、そんな簡単なことではないのだそうです。

屋根の草は20年ほど前に瓦を葺き直してくださった業者さんに頼んで取り除いたうえで除草剤をまいてもらうということになって、昨日は瓦屋さんが来て作業をして下さいました。

一服の時にいろいろと話をしたのですが、向拝の部分などの縁には反りがはいっているのが普通だそうで、一般の家でも軒の部分などはたいてい一尺まではいかない程度の反りがはいっているとのことです。この辺りだけのことではないそうですが、どうでしょう。

反りをいれないと、見た目にまっすぐに見えないのだそうです。屋根の中央部分もふくらみを持たせておかないと凹んで見えるので、一般の家でもたいていは中央部分にふくらみがはいっているそうです。

私がうちのお寺の仕事をさせてもらうようになってから、2つの建物の改築と新築があって、2回とも桁組の手伝いをしたのですが、反りを入れたような覚えがありません。今の建物は、反りなんてものは入れないんでしょうか。

一般の家にしても土地土地の特色というものがあって、そういうものが全体としてその土地ならではの風情を醸し出していたのでしょうが、特に地震を考慮した最近の工法で立てる建物にはそういうものがなくなっているのかも知れないですね。