表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

だらだら

雨降りです。草の伸びる勢いも増すでしょうし、雨が上がれば地面がゆるんで、草引きにも都合がよくなるでしょう。

窓の外に見える畑で毎日仕事をしているばあちゃんも、今日はお休みのようです。たくさん植えられたタマネギでしょうか、雨が降って喜んでいるようにみえます。

朝のうち、雨の中で田圃の畦の草刈りをしていたじいちゃん86才一人暮らしも、午後になってからは姿が見えません。雨の日には雨の日にすることがあるのでしょう。

日和見というのはよい印象を与えない言葉のように思えますが、自然を相手にする限り日和によってすることも変わるわけで、実は当然のことを言っている言葉ではないかと思ったりします。

自然を相手にしない日和見というのは、内股膏薬のようなものであっちに着いたりこっちに着いたり、やはりよい印象は与えないのでしょうが、実はこれも条件付きでなら、理にかなっていると言えるのだと思います。

自分の信条を貫く人は偉い人だと思いますが、信条に貫かれて身動きが取れなくなることもあるようで、不自然だと言えなくもない一面があります。

だらだらと降る雨のせいでしょうか、書いていることもだらだらとして、どうしようもないですね。もう今日は終えさせていただくことにして、早いですが夕方のお勤めでもしましょう。