表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

5月3日

お昼を過ぎてから薄曇りになりましたが、午前中はまさに五月晴れ。藤の花の蜜を吸いに来る八には迷惑なことでしょうが、昨日に続いて枯れ葉を燃やしています。

昨日の朝、もの乾し場の窓の網戸にカメムシが6匹しがみついていたのですが、今日のお昼に見てみると一匹もいません。昨日も今日も風がほとんどありませんので、煙が建物をいぶすように流れていきますので、カメムシも退散したのではないかと思います。

草が伸び、それを刈り、乾かして燃やす。その煙が家の建物についている虫を退治してくれる。うまくできていますね。もっとも、カメムシが異常発生していますから、すぐにまたそこらじゅうで見かけるようになるんでしょうが。

お昼にはタケノコづくしのご飯を楓の木の下で、丸刈りの頭を焦がしそうなお日様を浴びながらいただきました。余り物を使って自分でつくる料理ですからこれといってごちそうはないのですが、外でいただくと本当に美味しいです。

どこか行楽地へでも行くならば、それはそれなりに楽しみもあるのでしょうが、家にいても楽しみはあるものです。毎年5月3日という日はまず間違いなく何の予定も入らない日で、おそらく20年以上家にいてのんびり過ごしています。

仕事の疲れがたまっているようなときには、一日中寝そべっていた年もありましたし、部屋の窓の下の草を引いていた年もありました。今年は枯れ葉を燃やして、さて、山から拾ってきた枯れ竹ででもお湯を沸かして、お風呂にでもはいりましょうかね。