表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

唯称仏

極重悪人唯称仏

唯称仏ということについても教学研究所編「正信偈」に説明はありません。そのままに唯仏を称すべし、ということなのでしょう。

唯ということ、これが難しいと思います。同朋新聞で古田先生は「(早く自分へのこだわりから離れ、思い上がりを捨てて)ただ、素直に『南無阿弥陀仏』を称えるしかないと、源信僧都は言っておられます」と書いておかれます。

極重の悪人である私は、雑行雑修をすてて、専修念仏の道をあゆませていただくほかにないわけで、ただ南無阿弥陀仏とお念仏もうすのですが、そこにまたいわゆる自力の心、雑念というものが入りこんできます。

源信僧都が唯称仏とおっしゃる、それをいただかれる親鸞聖人は、自力の心、雑念などがはいりこんでも、それでもただ南無阿弥陀仏と称するのであるとおっしゃるのではないかと、これは私がそう思います。

源信僧都が極重悪人唯称仏とおっしゃる、それを親鸞聖人は真受けなされて、あるいは源信僧都もご自身に向かっておっしゃったことかも知れない極重悪人唯称仏の極重悪人は自分のことであって、ただお念仏もうすのであるといただかれた。

それをまた私が、極重悪人はこの私であり、自力の心や雑念が入りこんできたとしても、ただ南無阿弥陀仏ともうすほかにないのであるといただく。それが、人がお念仏を伝えるのではなくお念仏が伝わるということであるのだと思います。

ですから、唯ということは、私の唯ではなくて、如来の回向が唯である。私が南無阿弥陀仏と称えるときに自力の心持ちが入りこむかどうかは、この唯は与り知らないことであると、そういうことでなかろうかと、これは私がそう思うのです。