表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

不条理の前提

昨日の更新を終えてからサイト内のファイルを少しいじっていたら、更新情報が表示されなくなりました。何をどうしたらそうなったのかがわかっていれば、解決は早かったのでしょうが、それがわからないものだから手こずりました。

お陰様でhttp://www.hyuki.com/yukiwiki/wiki.cgi?MagpieRSSでMagpieRssの復習ができましたが、原因はMagpieRssではなく、weblogスクリプトが自動で作るRSSファイルが一部破損していたためでした。自分で直接いじったわけではないファイルのために動作すべきものが動かなくなるということもあるわけです。

あるものごとを結果とするとき、その結果には必ず原因がありますが、その原因がわかる場合と、わからない場合があります。原因がわかれば対処の仕方もあるでしょうが、原因がわからなければどうでしょう。

結果とするものごとをそのままに受けいれるほかに手だてがあるのでしょうか。結果とするものごとにいかにあらがっても、それはいわゆる対症療法であって根本治療ではありませんから、結果とするものごとそのものが消えてなくなるわけではありません。

不条理という言葉があります。そういう言葉があるのは、不条理だと受けとめなければならないものごとがあるということなのでしょう。前提として、結果とするものごとにあらがう心があるのだと思います。

不条理を不条理ではなくお陰様といただくことができるとすれば、その前提としてあるのは何なんでしょう。