表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

懈慢界

教学研究所編「正信偈」に<要点>として書かれたあることを抜き書きしておきます。一部管理人が要約した部分もあります。


源信僧都が『往生要集』で示された化土を、親鸞聖人は『高僧和讃』に、

本師源信和尚は 懐感禅師の釈により
    処胎経をひらきてぞ 懈慢界をばあらわせる

と、懐感の『群疑論』という書物を引き、『諸仏処胎経』の中に、懈慢界という化土を説いてあるといわれる。すなわち十万億土の彼方にある西方浄土に往ききらないで、途中で足ぶみをしてしまう、そこが懈慢界である。

懈怠の心がありあなどる心がおこって、そこで停って前進することができない。つまり、浄土の教があるけれども、その教に徹底しないで途中で停滞する意味の世界に名づけたものである。

ふつう、われわれはもっぱら念仏の一行を修する方が懈怠であり、あれこれできるだけの諸善万行を修せんとする方が懈怠をこえているように考える。けれども、念仏の一道を専修せしめるのは、極重悪人の自覚によって如来回向の信を執持する心が深く牢固だからであり、諸善万行をたのむのは、その執心が浅く不牢のために、なお自己の理知努力を立場として、これを捨てきれず、仏智をどこまでも自己の外に仰いで対象的に求める心にもとづく。仏智を疑惑して自己満足にとじこもれば、そのゆきつくところは懈怠と憍慢でしかないのである。

源信のこのような専雑執心の浅深を判じて報化二土を弁立するという事業には、本願念仏の一門に帰しつつも、なお払拭されずにこびりついている我執による信仰の功利性・体験主義化の秘密が、鋭くあばかれて、そこに純粋な信心を磨き出すことになったのである。