表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

春の法要 (3/27)

本日、春の法要を終えさせていただきました。といっても、明日は28日ですからお講さんです。これも含めての春の法要ではあるのですが。

とぎれとぎれにしかお話を聞かせていただけなかったのですが、もしかしたら組内で最年長のご住職の方のお話は、味わいがあり、深みがあるように感じます。

聞いている人に疲れが見える頃には話をする方も疲れる。話をする方が疲れを感じる頃には聞いている方も疲れてくるというようなことを曾我先生がおっしゃっていたように思いますが、話をなさる方が落ち着いておられると、お聞きする方も落ち着いて聞くことができるものです。

たとえ同じ話であっても、話す人によって聞く方には違って聞こえるものですし、同じ人の同じ話でも、聞く人によっては違う聞き方をしてしまうということもあるでしょう。

準備の疲れが出てすでに疲れ果てていますが、明日はまたお講さんでお話をします。筋道を考えずに、その場で思うことを話すのですが、さて、聞いて下さる方はどんなふうに聞いて下さるのでしょう。