表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

はたらきのまま (3/5)

昨日の台風のような風で、境内が大変なことになってまして、座業もさることながら、放っておけませんので少し掃除などしましたが、かえって気分が晴れてありがたいことでした。

せっかくつぼみが膨らみ始めている桜の枝が折れるのではないかと思うほどの昨夜遅くまでの風でしたが、今日になると嘘のように静まっています。春先の天候は、やはり変わりやすいですね。

お昼頃には日も差して汗ばむくらいでした。日当たりのよい川の土手に蕗の薹かツクシが顔を出しているのではないかと思って見て歩きましたが、まだのようです。

まだ顔を出してはいませんが、土の中では着々と準備が進んでいるのでしょう。誰かに命じらるわけでもなく、決まった日時に間に合わせないといけないわけでもなく、本来そなわっているはたらきのままであるのでしょう。

温暖化とか気候変動とかいろいろ言われていますが、自然のことは自然のままに行われます。強い風が吹いて、木の葉が境内に散らばって、あわてて掃除しなければならないのが人間です。