表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

「免責」 (3/4)

何というのでしょう、おかしなことから時代が変わったな〜と思うことがあります。

最近座業に徹しているわけで、それは最近に限ったことでもなく、座ってしていることが違うだけの話なのですが、ネット上でRSS配信をするなどということが始まったのは何年前なのでしょう。

調べる気力もないのですが、始まった当初は、そういったリソースは共有できるものであって、だからどこかが配信している内容の一部を自分のサイトに書き出すというのは、むしろ喜ばれたような気がします。

ありがたい情報を配信なさっているサイトさんの「利用規約」を読みますと、そういった使い方はできなくなっているようで、もうすでにそれは当然のことのようです。

もちろんわからなくはないです、苦労して集めた情報を配信したら他所でまるまるそのまま表示されていたりしたら、たまらないですね。そういうところまで配信なさる情報が高度というか、内容に価値のあるものになってきているということでしょう。

多くの「利用規約」を読みますと、権利を主張なさる割には免責事項が多いと感じます。そこまで言うなら責任をもってもいいのではないかと思ってしまいます。それも致し方ない一面があるということもわかるのですが。

いろいろな意味で時代が変わりました。日本で最初にウェブ・サイトが産声を上げたのは1992年のことで、20年たたない間に、ネットも実社会も変わりました。