表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

私-2-1 (2/19)

あらゆるいのちがご縁に因って生まれます。いのちが生まれるのであって、私が生まれるのではありません。ご縁に因って生まれ、ご縁に因って護られてきたいのちを、私たちはいつの間にか私物化し、私の命とします。

あの人は我の強い人だとか言いますが、その我、自我というものができあがるのはいつ頃なのでしょう。人によって違うのでしょうが、その自我にめざめた時に私が生まれたと言い始めるのではないかと思います。

私が生まれたという間違った見識を疑うことがなくなってくる頃には、私は私の意志と力で生きていると思い始めるのでしょうが、実際にはそうではありません。

ご縁に因っていのちが生まれ、ご縁に因ってそのいのちが支えられ、護られ続けて何十年か経って、ご縁に因って今ここにこうして座っているいのち、それが私が私と言っているものの実際のありようであるわけです。

いただいたご縁のすべてが今こういう姿形でここにある。そのいただいたご縁というものが、私がいただこうとしていただいたものなら、自分の意志と力で得たご縁なら、私がここにいると言うのも間違ではないのでしょう。