表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

迷 (1/26)

私たち皆が閉ざされた仮設のなかでしか生きられない者である。

だから、というか、引き替えにというか、私たちは本能をもつ。それはその中で生きるためのものでなく、それを知るためのものである。

この私が南無阿弥陀仏に値遇うということは、この私が生かされてある本能によるのである。

生きる、生かされるということは、南無阿弥陀仏にお出遇いするということである。

妄ということは、どこへ行けばよいのかとウロウロする。あそこへ行けばよいのだと自分が図り、いや、そうではなくこちらへ行けばよいのだと他に追従するが、それらすべてが妄念妄想によるのである。

迷うということはどこへ行けばよいのかを迷うのではなく、どこへ還ればよいのかを迷うのである。

どこへ還ればよいかをはっきりと知らせていただけば、どこへ行っておろうが迷いはない。

私に迷いがあっても、南無阿弥陀仏にお出遇いすれば、安心して迷っていられる。