表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

七字のお名号? (12/7)

九字のお名号は南無不可思議光如来、十字のお名号は帰命尽十方無碍光如来です。しかし、七字のお名号と言えばいいのでしょうか、南無阿弥陀如来というのは聞いたことがありません。

聞いたことがないから意味不明なのではなく、お聞かせいただいていることから察するに、「南無阿弥陀如来」は「南無阿弥陀南無阿弥陀仏」ということになってしまうから意味不明なのです。

南無不可思議光如来、帰命尽十方無碍光如来は分かります。不可思議光如来、尽十方無碍光如来が阿弥陀ですから、ともに南無阿弥陀仏と同義です。不可思議だから如来であり、尽十方無碍だから如来であり、それは阿弥陀仏に他ならない。

阿弥陀仏と阿弥陀如来は同義かといわれると、同義に用いられることもあるようですが、やはり仏と如来は同義ではないわけですから、本来は同義ではない。仏は往還二相を内包しており、如来は仏の還相であるというのが、極めて大雑把にいえばの話ですが、私なりの領解です。

仏は法性法身であり、如来は方便法身、応化身と現じたまうた故に如来であるという方がよいでしょうか。南無阿弥陀仏と現じてくださったその本願念仏は、私には如来であるのだけれども、ただ阿弥陀仏であるのでなく、そこに南無があるから如来なのだといただいております。