表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

華厳経浄行品 (10/24)

華厳経浄行品から「三帰依文」に撰出された文は以下の通りです。

(ここから)
自帰依仏(じきえぶつ)當願衆生(とうがんしゅじょう)体解大道(たいげだいどう)発無上意(ほつむじょうい)自帰依法(じきえほう)當願衆生(とうがんしゅじょう)深入経蔵(じんにょうきょうぞう)智慧如海(ちえにょかい)自帰依僧(じきえそう)當願衆生(とうがんしゅじょう)統理大衆(とうりだいしゅう)一切無礙(いっさいむげ)
(ここまで)

そもそも華厳経は『愚禿鈔』のなかで「難行 聖道の実教」と言われています。言うまでもなく真宗の正依の経典ではありません。

(ここから)
聖道浄土の教について、二教あり。
一には大乗の教、二には小乗の教
大乗教について、二教あり。
一には頓教、二には漸教なり。
頓教について、また二教二超あり。
二教とは、
一には難行 聖道の実教なり。
いわゆる仏心・真言・法華・華厳等の教なり。
(ここまで)

ですから、例えば「深入経蔵 智慧如海」というのは、親鸞聖人の師匠である法然上人のおっしゃった「浄土宗のひとは愚者になりて往生す」とのお言葉や、「八万の法蔵をしるというとも後世をしらざる人を愚者とす」という蓮如上人のお言葉と相容れないところがあるのではないでしょうか。

ともかく、ご開山のご遠忌に「三帰依文の誓いに立つことが願われている」ということですが、それがどういうことであるのか、私には分からないのです。