表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

捨穢欣浄の精神 (7/7)

故に

捨 穢 欣 浄、迷 行 惑 信、心 昏、
悪 重 障 多、特 仰 如 来 発 遣 
必 帰 最 勝 直 道、専 奉 斯 行 
唯 崇 斯 信。

捨穢欣浄ということは真実に仏道を求める所の願生浄土の行者を、総じて呼びかけなされたのであります。次に迷行惑信以下は更に別して道を求めて道を得ず、行・信を求めて行・信を得ずして悩んでいる人の心持を同情して、別して呼びかけて下さるのじゃないか。総じていえば捨穢欣浄という所に摂っているだろうと思います。それに就き『信巻』の別序の終に欣浄邦衆徒、厭穢域庶類、即ち欣浄厭穢という次第になっているが、この厭穢と欣浄との次第に就ては、『愚禿鈔』に聖道門は厭離を先とし浄土門は欣求を先とするとあるのを根拠として、今ここは聖道門の機を挙げると見、『信巻』別序の方は浄土門の機を呼びかけるのであると見る人もありますが、私はそういう意味ではなかろうと思います。総序の方は捨穢欣浄と普通の順序で呼んでおいでなさるのでありましょうし、別序の方は已に『教』・『行』二巻に於て仏祖伝燈の本願の大道を総明し終って、正信念仏偈を以て之を総結し、次でこれより後四巻に於て、別して一層深く己証を廣闡せんと欲し、先ず以て特に己証の原理なる『信巻』を開顕する意趣を明らかにする為に御製作になるのでありますから、已に『教』・『行』二巻というもので仏祖伝統の行信の大道を聴聞したことでありますから、『信巻』別序には欣浄を先とし厭穢を後にせられたのであって、ここに捨穢欣浄とあるから聖道門の人を指したのだとか、『信巻』に欣浄厭穢とあるから浄土門の人を指したのだとかいう意味はないと思うのであります。ここの捨穢欣浄は聖・浄の二門の対立を超えて、「興法の因内に萌し利生の縁外に催す」所の、別願を全うずる総願であります。

時に娑婆という言葉に関しては、今日は種種誤解があるように思われるのでありまするが、少し意味が違っているのであります。如何に我々が尊厳な御国に生れましても、本当に尊い国体の本義に就て明徴なる慧眼が開けまして、立派な御国に生れさせて戴いたと自覚するということは、本当に捨穢欣浄の選択の願心に接触するようになって来なければ、立派な御国というものを感得している人ということが出来ないと思います。そういうことも我々はよく注意して聖教を拝読する必要があろうと思います。だから「穢を捨て浄を欣ふ」ということは、無論、これは敢て形を聖道門に居ろうが居るまいが、浄土門に居ろうが居るまいが、そんなことには全く関係ないのであります。兎に角先ず真実に生そのものに就て本当にそれを問題にする、実際自分の人生と思惟するものは一体何ものであるか、自我の穢の世界であるか一如の浄の世界であるか、そこに静かに一如の法の光に照して自ら誤魔化しをしないで、自分の生活というものを、それを省ることでありましょう。かくの如くして、真に生の問題に苦しんで仏道を求める心は、大観すれば「穢を捨て浄を欣ふ」大精神の外はないのであります。源信僧都の『往生要集』は、夫往生極楽之教行濁世末代之目足也という処から開けて来たのであります。これは『要集』全体に漲っている「穢を捨て浄を欣ふ」精神であります。古来、仏教界全体として少しく真面目なものは、この「穢を捨て浄を欣ふ」精神を以て道を求め行じていたのであります。

(行信の道  「36 捨穢欣浄の精神」より)