表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

如来廻向の機 (4/18)

欲生我国と云って別にそんな言葉が何処かにあるのでない。南無阿弥陀仏に於て欲生我国ということは願ずるということ。それを本当の機と云うのである。それが即ち純粋の機であります。いわゆる自力の機でなくして如来廻向の機であります。欲生というのは第十八願の中にある。けれどもそれがしかも第十八願の心臓であり、第十八願の中心であり原理である。そうしてそれがまた同時に十九・二十の願を通じて、十九・二十の願をも我々に感ぜしめ、またその十九・二十願をも否定し超越するところの原動力が即ち欲生我国と云うものであります。こういう工合に戴くのであります。
(真宗の眼目より、昨日の続き)

それでこの欲生我国というものが第十八願を立体化せしむるものである。欲生我国がなければ第十八願は平面的なものであります。つまり欲生我国が、昨日申しましたところの果遂の願の体である。それだものだからしてこの第十八願の中に欲生我国があると云うと、信楽と云えば他力であるけれども欲生と云うと何か自力のように感ぜられる。第十八願だけ欲生我国だと云う者がある。欲生と云えば何か自力のようにどうしても感ぜられる。それがまたいろいろの異議とか異安心とかいうものの本になる。しかしまた本当の安心というものも欲生がなければ得られない。ちょうど先程申しました円のようなもので、第十八願は至心信楽だけみているとただ眺めているだけのこと。非我境界、吾々の境界にあらず、始もなく終もない。ただ円をみているようなもので、どうしてみようもない。円を見た時にはどうして書いてよいか分からぬ。その円を描くところの道を示すものが欲生我国である。至心信楽はただ円をみているだけで、円をみているだけでは自分はどうしてもそういう円を描くことが出来ない。円は見えるけれども円が円満であれば円満であるほど非我境界を歎ぜざるを得ない。その円を描くところの道は欲生が教えている。一念帰命の信心を発起せしむるところのその道を欲生は教えている。