表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

与仏教相応 (2/6)

信に知りぬ、聖道の諸教は、在世正法のためにして、まったく像末・法滅の時機にあらず。すでに時を失し機に乖けるなり。浄土真宗は、在世・正法・像末・法滅、濁悪の群萠、斉しく悲引したまうをや。ここをもって経家に拠りて師釈を披きたるに、「説人の差別を弁ぜば、おおよそ諸経の起説、五種に過ぎず。一つには仏説、二つには聖弟子説、三つには天仙説、四つには鬼神説、五つには変化説なり。」しかれば四種の所説は信用に足らず。この三経はすなわち大聖の自説なり。
(教行信証「化身土(本)」より)

ここから管理人の蛇足。

天親菩薩は修多羅、つまり大無量寿経によって真実を明らかにせられました。この真実というものはいくつもあるものではない。・・・いや、いくつかありますよと言う人もあるかも知れないけれど、それは一面の真実をとりあげていくつかあると言うのであって、真実というものはひとつである。この人にとっては真実、ところが別の人にとっては真実でない、そういうものは真実ではないわけです。

明治になって原始仏典の研究ということが始まったようで、その成果は今や目を見張るものがあるとのことです。辞書もなくサンスクリットやパーリの原文をすらすらと読める方がたくさんおいでになるようで、たくさんおいでになるなかにはずいぶんと変わった方もあって、そういう方が何をさわいでいるかといえば、これは釈迦の直説だ、いやそうではないと。別の意味で目を見張る成果があります。

道理ということに目を見開かされれば、問題となることも変わってくるのでしょう。とにかく、天親菩薩は仏説無量寿経によって真実を明らかにせられ、「願偈を説いて総持して、仏教と相応す」とおっしゃった。尊号真像銘文には「『説願偈総持』というは、本願のこころをあらわすことばを偈というなり。総持というは智慧なり。無碍光の智慧を総持ともうすなり。『与仏教相応』というは、この『浄土論』のこころは、釈尊の教勅、弥陀の誓願にあいかなえりとなり。」とあります。

我々の論理・理論の行き着く先に道理はありません。我々は道理を知らせていただく。お釈迦さまの教え、阿弥陀さまの誓願というもの、これは南無阿弥陀仏ただひとつである。道理を知らせていただいて、すべてが顛倒している我々の頭が下がる。理論・論理というのは、我々が自分を誇る道具とするもので、知らぬ間に我々をふんぞり返らせるものです。ふんぞり返り過ぎて、もう頭が地面について逆立ちをしているようになって、だから顛倒ということになるのでしょう。

真実とは何か、それは如来のご信心である。それが具体的には南無阿弥陀仏であって、我々はそれをただいただく。これは道理の話になって管理人がいうことではないのでしょうが、我々はすべてが顛倒したのままの自分では決して気づけないのものの、実はそれをもとめてやまないものに違いないのです。