表紙

     

resources

rss1  rss2  atom03

如来号 (1/27)

唯能常称如来号 応報大悲弘誓恩

如来の大悲弘誓の力によってのみ、不思議にすくわれる身を喜ぶならば、常に弥陀の名号を称念して、如来の恩徳をむくいたてまつれよと、龍樹大士みずからも念じ、わたくしどもにもすすめて下さったのであります。
(教学研究所編「正信念仏偈」より)

蛇足です。

この私がお念仏もうすということは、この私のなかにあってご本願が成就するということです。

如来のはたらきによってこの私に回心があり、いわば私が私に支配されていたものを、如来が私となっていて下さるというもともとのあるがままの私に帰らせていただくのです。

こんなふうなことは、やはり本願力の賜であって、ただもうお念仏もうすほかにはありません。お念仏もうすということは、それは名号を称すということだけれども、「如来号」、号とある。名を称すのでなくて、特に号を称すということなのでしょう。